コンタクト通販

コンタクトレンズ選びは非常に重要


(2014年7月 1日 10:36)

私はコンタクトレンズを使用するうえで、コンタクトレンズ選びは非常に重要なことだと思います。 コンタクトレンズはハードやソフトはもちろん様々な種類のものがあり、どれにしようか悩んでしまいます。 私は初めてコンタクトレンズを使用するとき知識が無かったので先生の言われるがまま適当にコンタクトレンズを選んで使用するようになりました。 ところが、そのコンタクトレンズは私に合いませんでした。 違和感があり、目が充血したりしました。 別のコンタクトレンズを使用した途端その症状は治まりました。 今のコンタクトレンズは私に合っていて、使用感も快適です。 私のように知識のないままコンタクトレンズに変える人は居ないと思いますが、しっかりと調べてから自分に合ったものを選ぶべきだと思います。

コンタクトレンズを使ってみよう

コンタクトレンズに対する不安を払拭するためにはやはり1度経験してみるしかありません。私もコンタクトレンズを利用するまでは目にものを入れるなんてものすごく怖いし無理だと思っていたのですが、最初こそ恐怖心がありうまくいかなかったものも徐々に慣れてきて今でもものの数秒で装着できるまでになりました。また、以前は手入れが結構めんどくさいということも聞いていたのですが最近ではハードレンズではなくソフトレンズが主流ですし、1回利用してすぐに捨てるタイプのもあるのでそんなに手間はかかりません。コンタクトレンズに対して否定的な考えを持っている人も百聞は一見にしかずということで1度利用してみれば考え方が変わると思います。

ハードレンズはご縁が無かったようです・・・


(2014年6月27日 11:00)

コンタクトレンズを使い始めてから10数年ほんの一時期だけを除いてはずーっとソフトレンズです。 一時期だけ、ハードのレンズを試してみたものの、何より痛い!! 当時は部活動もしていたので、ゴミが入ったりズレたりと不都合がいっぱいでした。 目に酸素が行き届くから、目のためにはハードレンズに変えたほうが良いよ~ということで始めたので、 しばらくは頑張りました。 でも、やっぱり勝手が悪い。。 そして決定打は2回連続の紛失。 しかも、付け外ししているときではなく、ふとした瞬間にポロっととれてしまったんです。 約5,000円×2回... 諭吉さんよ、さようなら~ というわけで、ご縁がなかったんだなぁと思い、それ以来はソフトレンズです。 ソフトレンズは1DAY、2WEEK、もっと長く使えるもの、と色々と紆余曲折しましたが、 今は長く使えるものを1~2年で交換しています。

コンタクトはソフト

私は、ハードとソフトどちらも使ったことがあります。両方使ってみて、結局ソフトに落ち着きました。 最初、眼科でコンタクトを作ろうと思った時に、お医者さんに、『目がすごく悪いので、この先もずっとコンタクトを使っていくことになる。長く使い続けるのには、目に負担になるので、目にやさしいハードがいいでしょうね。』とアドバイスを受けて、ハードを作りました。ハードは、最初はゴロゴロして異物感がありましたが、すぐに慣れました。ただ、ゴミが入ったらすごく痛いし、車を運転している時に突然外れてしまったりと、日常生活でたまに困ることがありました。車を運転してる時にとれてしまうのが一番困ったので、ソフトに変えたら、つけ心地はいいし、はずれることがないので、もう長いことソフトを使っています。

コンタクトレンズが欲しかった


(2014年6月24日 17:25)

ずっとメガネをかけています。でもできたら、コンタクトレンズにしたいのです。 メガネは曇るし雨が降ると、すぐに濡れてしまうのです。だから結構面倒なのです。 私はコンタクトレンズにしたいのですが、母が目を傷つけてしまいそうだからなかなか許してくれません。でも何度も説得してやっと、コンタクトレンズをはめる事ができました。 最初は痛くて痛くて大変でした。なかなか慣れなくて、ずっと大変だったのです。でももう大丈夫です。だいぶ慣れて今では毎日はめているのです。 たまに目にゴミが入ってとても痛い時があります。でもはずして洗えば大丈夫です。使い捨てのコンタクトレンズなので、いつだって清潔で衛生面も安心できるのです。ずっと欲しかったコンタクトレンズを買えて、本当に良かったです。"

父がコンタクトレンズを着用している

私の父は視力が悪いため、医療用コンタクトレンズを長年愛用しています。父が使っているのはハードコンタクトレンズなので、手入れがすごく大変そうです。 そもそもコンタクトレンズというのは薄くて小さいうえに透明です。なのでそんな小さなものを毎回つけるたびに手入れしなくてはいけないのは、旗で見ている限り面倒そうだなと思います。 特にコンタクトレンズというのは、視力が悪いからこそつけるものです。なのに視力が悪い人がそんな見えにくくて小さなものを手入れしなくてはいけないというのは、本末転倒という感じがします。 父もレンズをケースに保存するときなど、いつもぼやいています。たまに私が代わりに手入れをしてくれと頼まれることがあるのですが、あんな薄くて小さなものをとてもではないけど擦り洗いなどできません。

コンタクトレンズのおかげ


(2014年6月23日 06:16)

私がこんなにきれいになれたのは、コンタクトレンズのおかげなのです。母がメガネも似合っているけれど、きっとコンタクトレンズもいいいと思うよ、とすすめてくれたのです。コンタクトレンズには、とても抵抗があったのです。怖がりなので、目の中に入れる事ができなかったのです。だからコンタクトレンズなんて、今まで考えた事もありませんでした。 でも今こんなにもきれいになれたのは、このコンタクトレンズのおかげなのです。めがねの好きですが、どっちかといえばコンタクトレンズのほうがとても似合っているのです。 それに今まで履かなかったスカートだって履けます。めがねだとスカートが似合わなかったのです。でもこれで、何のファッションも着こなせそうなのです。

コンタクトレンズの管理は重要です

数年前にコンタクトレンズの使用をやめました。私は20年くらいコンタクトを使用していたのですが、けっこうトラブルも多かったでんです。 ソフトコンタクトをしていてレンズに付着していた汚れにアレルギー反応を起こし巨大乳頭結膜炎になったこともあります。 そしてレンズの破損により目に傷がついてしまったことも数回あります。 そしてついにはソフトコンタクトレンズの使用を眼科で禁止されてしまいました。普段眼鏡をしてたまにワンデーのコンタクトをするくらいならいいと言われています。 なぜコンタクト禁止になったかというと、酸素不足になっているということでした。目が酸素不足になると酸素を送るために自分で勝手に血管を作ってしまうそうです。しかし、新しくできた血管というのは脆くできています。その脆い血管から出血があった場合失明につながるそうです。コンタクトをしなければ、ちゃんと酸素が送られ目の状態はよくなりました。 こういうようにアレルギーが出たのもコンタクトのお手入れ不足での汚れがあったようですし、酸素不足にしても長時間の連続装用をしていたことが原因になっていたようです。 目のトラブルを防止するためにもコンタクトの管理の重要さを感じています。

コンタクトでおしゃれになる


(2014年6月23日 06:14)

視力矯正の方法にはメガネという選択もありますが、メガネをしているとおしゃれを楽しめないという欠点があります。コンタクトをすれば、服のコーディネートがしやすくおしゃれが一層楽しくなります。コンタクトにはこんなメリットがあります。 私自身、メガネをしているとどんくさいイメージになってしまいます。いくらかわいい服を着ても台無しです。でも、コンタクトをしていると、同じ服でもメガネをしているときよりもかわいく見えます。メガネをかけているかいないかでまったく印象が変わります。 コンタクトはおしゃれを楽しみたい人には大切なアイテムだと思います。カラーコンタクトもあって、瞳の色を変えることでさらにおしゃれの幅が広がります。"

コンタクトは使用方法を守りましょう

私はコンタクト歴11年になります。 現在25歳で、14歳の時からコンタクトを使っています。 眼鏡というものに慣れなく、コンタクトにしたのですが、コンタクトをしたまま眠ってしまうこともたまにありました。 次の日起きると目がゴロゴロして乾燥して気持ち悪かったのですが、涙で目薬代わりにしたりして使っていました。 17歳の時にサークルレンズにしたのですが、私の使っているものはワンデーでした。 ワンデーだと学生なのでお金がないので、平気で2週間とか使っちゃったり、いつも期限をオーバーしていました。 そして、現在はきちんと外出から帰ってくるとコンタクトを外して眼鏡にし、期限をしっかりと守り、何か目に違和感があるとすぐに眼科に行くようにしています。 何故期限を守るようにしたのかというと、眼科にいつも通りに定期検診に行ったときに、このままの使い方だと10年後には視力が落ちていって失明みたいになると言われたからです。 コンタクトをしていることによって目が呼吸できていないので酸欠状態が続いているそうです。 もう視力を回復することはできないが、止めることはできると言われたのできちんと説明書通りの使用をするようになりました。 コンタクトは簡単で楽ですが、使用方法はちゃんと守らなくてはいけませんね。 タイムマシンがあれば、14歳の私に注意したいです。 目は一生ものだって。
<<前のページへ 23456|7|89101112 次のページへ>>