コンタクト通販

コンタクトの煮沸消毒してたよな~


(2014年7月25日 09:50)

現在、乱視用のソフトコンタクトレンズを使っています。使用歴はかれこれ15年以上。 買った当時は、「煮沸消毒」が必要なメンテナンスキットを購入し、使うたびに液を2種類入れて、 コンセントに挿して煮沸消毒していました~。 これが、非常に面倒くさい。 旅行の時は、荷物になる上に、部屋のコンセントの奪い合い。しかも、壁のコンセントじゃないと、容器が倒れてしまうので まさに争奪戦。部屋の中にある、「隠れコンセント」を見つけては、そこに挿して、 挿したまま忘れてくるという、なんともトホホな器具。 現在では、煮沸消毒も不要で、液・こすり洗いなどでメンテナンス可能な、強力な(?)洗浄液がたくさんあって、 とても助かっています♪今でもタンスの中に眠っている、煮沸消毒の器具。懐かしいですね。

自己責任で使う事

よく医療ミスで訴えられた等のニュースを見ることがありますが、コンタクトレンズを使用して目に障害が発生したりすると誰の責任か?と考えると微妙になってきます。 眼科は、処方箋を書くだけで、コンタクトレンズの使用に関してのトラブルは、眼科医に責任は無いということになるのではないかと思うのです。 コンタクトレンズのネットショップを見ると、レンズのデータさえあれば処方箋は必要なしで販売します。というショップが多数あります。眼鏡と同じような感覚で販売しているので、これらのコンタクトレンズを使って目に炎症ができて障害が残ったなどの場合は、当然自己責任となるはずです。 自分の目の中に入れるものが、大丈夫なものなのか?を自分で判断するというのは、結構難しいことだと思います。やはりコンタクト選びは専門家のアドバイスを貰って自己責任で使う・・・となるのではないかと。

彼に買ってもらったコンタクトレンズ


(2014年7月23日 08:51)

彼がコンタクトレンズを買ってくれました。私は子どもの時からずっとメガネをしてきましたが、去年彼と付き合うようになったのです。そして彼が、きっとコンタクトレンズのほうが似合うと言ってくれたのです。でもコンタクトレンズはなかなか高くて買う事ができなかったのです。 そこで彼が買ってくれました。お医者さんに一緒に行ってくれて、そこで私の目に合ったコンタクトレンズを彼が買ってくれたのです。二万円ほどしました。両目で二万円です。私は最近メガネを五千円で買いました。だからよけいに、高く感じられたのです。 でも彼はボーナスで買ってくれました。本当は私に指輪を買ってくれようとしていたのです。私はそのほうが嬉しかったです。でもコンタクトレンズも結構いいものでした。

目を酷使する作業では控えたほうがいいかも

コンタクトレンズを使用しておりました。現在はメガネを愛用しております。 以前システム関連の仕事をしておりました。 業務中は常にパソコンとのにらめっことなります。 私は学生時代から急速に目が悪くなったため、 コンタクトレンズを使用しておりました。 就職後もそのままコンタクトレンズを使っていたのですが、 ある日業務中に左目に違和感を感じました。 と、向かいの女子社員から悲鳴が。 何と私の左目が真っ赤になっているというのです。 鏡を見ると本当に「真っ赤」。 充血とかのレベルでなく、赤インクでも垂らしたかのように 真っ赤に染まっておりました。 あわてて病院に行くと、目の血管が切れているとのこと。 職業柄コンタクトよりもメガネに変えた方が良いと アドバイスをいただきました。 以来ずっとメガネを愛用しております。 皆さんも目を酷使する作業の際はお気をつけを。

ネット通販でコンタクトレンズを購入している時期がありました


(2014年7月22日 10:52)

コンタクトレンズを安く済ませたいからといって、ネット通販でコンタクトレンズを購入している時期がありました。 値段も安いし、眼科の診察を受ける手間もかからないのでとても便利だったんです。 ところが、眼科の定期検診をさぼっていたせいで、知らないうちに眼球に目に見えない傷がたくさんついてしまっていたんです。 それでしばらくの間は、コンタクトレンズを使用できなくなってしまったことがありました。 ネットでコンタクトレンズを購入するのは、安いし手軽ですが、やっぱり眼科の定期検診は忘れずに受けることが大切です。 コンタクトレンズは、非常に便利ですが目を傷つける恐れもあるので、気を付けて使用しなければ、取り返しのつかないこともあるので、注意が必要です。

カラコンでウルウル恋する瞳

コンタクトレンズは便利でいいですよね。カラーコンタクトは可愛いし。カラーコンタクトという名前なのだからカラフルなのだろうと思っていたら、黒い目の人がつける黒い色のカラコンなんてものがあるのですね。最初はわけが分からなかったのですが、どうやら虹彩がきれいに入って、黒い目ながらキラキラと光る感じになるらしいです。その見え方がどうやら好きな人をみつける時のウルウルした目に似ているらしく、そのカラコンをつけて男の子を見つめると「この子ひょっとして俺のこと好きかも?」と勘違いするとか。・・・・・・恐ろしいですね(汗)。ヘアメイクだけでなくて目まで装うとは。そのうち脈や体温まで装って、手をつないだ時にドキドキが伝わる日が来るかもしれません。

コンタクトレンズの購入と手入れ


(2014年7月17日 13:04)

コンタクトレンズはとても便利です。 私はめがねをかけると頭がクラクラしてしんどくなってしまうのでめがねは使わずにずっとコンタクトレンズを愛用しています。 左右の視力の差が大きく、片方は裸眼でも見えるので片方だけ着けています。 私のように片方は裸眼でも十分見える方は片方だけの購入も出来ます。 ただ医師に診察してもらい了承してもらう必要があるのでその点は注意してください。 片方だけなので当然値段も半分で済みますし手入れもラクです。 この手入れですが、きちんとこすり洗いをしたほうが良いです。 時々濯ぐだけの方がいるようでびっくりします。 目には見えない雑菌が着いていますし、目って結構汚れているものなんです。 毎日目に着けるものなので、衛生面には気をつけた方が良いです。

コンタクトレンズは金かかる

コンタクトレンズ歴10年くらいになります。 最初から二週間使い捨てのソフトコンタクトレンズを使っています。 つけ心地は悪くなくコンタクトって快適だなと本当に思いました。 外して洗浄してと手間がかかるのが面倒だし、洗浄液にもお金がかかる...。 コンタクトはやっぱりお金がかかります。 主婦になった今コンタクトレンズ代は痛い出費なのです。 メガネだけの生活はやはり不便なところもあるのでコンタクトも必要なので買っています。 私はアイシティーで購入しているのですが、ここはまとめ買いができるので少しでも安くと一年分のまとめ買いをしています。 その方が割引がきいたり、眼科の検診も年に一回で済むしお得な感じです。 あとTポイントもたまるのでこれもお得です。

安全性重視のソフトレンズ派


(2014年7月15日 06:29)

装着感の良さと手軽さを重視して、ソフトレンズ派です。目の上にピッタリとくっつくものなので、何の違和感もなく...というのは難しいですが、ハードレンズの違和感を10とするならば、ソフトレンズの違和感は1です。ゴミが入ったり擦って傷がついたり等のトラブルなしならば、ほぼ0と言って良いほど違和感はなくなります。要は慣れやすいのです。 また、目の中でレンズが割れたとしても、ソフトならば怪我の心配もほとんどありません。これがハードになると、レンズ自体の硬さで目が傷つきやすく、心配な面が出てきます。 眼球を激しく動かしても、ソフトは目の表面にピッタリと密着しているので外れにくいですが、ハードだとポロリと外れてしまう危険性があります。(漫画やドラマでコンタクトを落として探すというシーンは、ハードレンズを想定して描かれているものでしょう)

慣れているハードレンズがいい

私は最初からハードのコンタクトレンズなのでそのまま使い続けています。そのときのハードを選んだ理由は手入れが簡単なのと、目の健康にはハードレンズのほうがいいと聞いていたからです。最近はソフトレンズもそれほど手間もかかりませんのでその差は現在ではないかもしれません。また目の健康にいいというのもハードレンズのほうが細菌類の繁殖がソフトレンズに比べて少ないという理由のようでした。しかしハードは字のごとく硬いのので眼球への物理的な負担はソフトレンズよりもあり、それで目に悪影響もあります。どちらにもメリットデメリットがあるということです。そういうことから判断して今新しくコンタクトレンズをするのならあまり差はないように思います。むしろソフトレンズ使用者のほうが多いのではと思いますが私にとっては慣れているハードレンズのほうがいいと思います。
<<前のページへ 123|4|567891011 次のページへ>>