コンタクト通販

コンタクトレンズって意外と安い。特に通販は


(2014年4月22日 07:49)

コンタクトレンズって意外と安いのです。特に通販は安い。思っていたよりも、安くて私の目にピッタリなのです。カラーのはいっているものもあって、とてもおしゃれなものが多くて驚きました。でも使い捨てだと、結構面倒かなとも思いました。目からはずしたら、すぐに捨てないといけません。とてももったいない気がするのです。 でも目には衛生上は一番いいのでしょう。こんなにも便利で気軽にはめる事ができるなんて、とても驚きなのです。 上手に使えば、目のトラブルの心配もないでしょう。きっと毎日快適に暮らせると思うのです。メガネでは見えないものまで、しっかりと見えるのです。 こんなにも手軽で、いつでもどこでもはめる事ができるので、使い捨てコンタクトはとても便利で嬉しいです。

慣れるけれど目に負担がかかるコンタクトレンズ

コンタクトレンズを初めてつけた違和感から慣れてしまえばコンタクトレンズはつけているのを忘れるぐらいになじみますが、長年使い続けているとどうしても目に負担になっていると感じます。それでも目の痛みなども感じなかったり、ドライアイやかゆみなどもなければ気にしないでいることも多いですが白目が黄色くなったり充血気味になったりしてやはり裸眼ではないのでなんらかの影響があるのだとわかります。定期的に眼科で診察を受けて診てもらっていればとりあえずは安心だと思います。コンタクトレンズを使用し続けた場合と、そうでない場合ではどれぐらいの目の老化への影響があるのかなどはあまりわかりませんが、様子を見ながら異常を感じた場合はすぐに装着を止めたほうがよさそうです。

カラーコンタクトに憧れています


(2014年4月19日 16:46)

カラーコンタクトに憧れています。あのキラキラしたきれいなカラーコンタクトをしてみたいのです。でもいい歳をして、少し恥ずかしくも思えてくるのです。もっと若かったら、もっと堂々とできると思います。でも今この年になって、とても恥ずかしいです。 カラーコンタクトでも度が入っていれば、しっかりと見えるのです。カラーが入っているので、それが気になっていましたがあのカラーは見えません。ただ見た目が変わるだけなのです。まるで外人みたいで、とてもワクワクします。 でもあんなにカラフルなものを目に入れてもいいのでしょうか。とても気になっているのです。目に害がないとは思っていますが、あのカラーが目についたりしないのか気になっているのです。

コンタクトレンズはワンデーやツーウィークなど色々な期限がありますが

私はメガネ派です。最大の理由はコストが安いことです。コンタクトレンズはワンデーやツーウィークなど色々な期限がありますが、同じのを何度も使うにしろ洗浄液にお金がかかります。また、ツーウィークと書いてあっても、つけたまま寝てしまって目の中で折れてしまったりとか、外すときに落としてしまったなど期限ぎりぎりまでつけられないことも多くあります。また、期限を無視して長く使おうとしても自分の目を犠牲にすることになるので代償が大きすぎます。 その点メガネを考えると最初に買うときはお金がかかるかもしれませんが、長く大事に使うことができればコンタクトレンズよりもだいぶ安く済むと思います。だから私は長い目でコストのことを考えて、眼鏡を推奨します。

コンタクトレンズとケア用品


(2014年4月16日 10:27)

コンタクトレンズといっても様々な種類があり、初めて購入する時は、どれにしようか迷うことが多いと思います。 ワンデイ、2ウィーク、マンスリー、長期、沢山ありますよね。 私は25年以上使用してきましたが、長期タイプが殆どでした。 ソフトレンズは煮沸ケアタイプの物しかなく、キチンと手入れをしていても、半年で白濁して駄目になる事がよくありました。 コールドタイプのケア用品が出た時には感動しました。 過酸化水素を使用しているものが、1番汚れを落として消毒してくれます。 代表的なものがコンセプトワンステップです。長期使用の方なら一番適していると思います。週に一度のタンパク質除去をすると、レンズは見違えるほど綺麗になります。 視力が悪くなく、安いレンズが手に入るのであれば、ワンデーにすればケア用品は必要ありません。 2ウィークなら、オプティーフリー等がお手軽かと思います。 それぞれのレンズの特性に合わせてケア用品を選ぶ事が大切だと思います。

うっかりしているのでコンタクトよりメガネが良い

メガネとコンタクト。どちらもメリット、デメリットありますが、私はメガネのほうが良いですね。 なぜならば私、とにかく色んな物をポロポロ落としてしまうからです。本当に自分でもびっくりするほど色んな物を落とします。もちろんメガネもコンタクトも例外ではありません。 落とした時のダメージは、当然コンタクトの方が大きいです。メガネは一度だけしか割れたことがありませんが、コンタクトは落とした場合見つけることがかなり困難。買ってから1週間でなくしたこともあるし、つい先日も右側のレンズを洗浄中に落としてしまいました。けっこう念入りに探しましたが、結局見つからず。 コンタクトも以前より安くなったとはいえ、気安く何度も買えるほどではありません。使い捨てタイプは度数的にちょっと無理みたいだし。うっかり者の私は、経済的な理由からコンタクトよりもメガネ派です。

メガネをかけた眼科医はなぜコンタクトを使わないのか


(2014年4月10日 08:18)

コンタクトを使い始めたのは高校入学と同時でした。 それはもうヘビーユーザーで、コンタクトの使用目安は7時間と書いてありますが、 みんなもっと長く使っているよねと思い平気で13時間くらいは使っていました。 コンタクトのケアはきちんとしているつもりでしたが、眼科にお世話になることもしばしば。 ある日、「黒目の細胞が減っている、これが全部無くなったら失明だよ。」と言われ 更にコンタクトケアや目への意識が変わりました。 ドライアイもひどくなり、現在では1dayを週に1日ほど使う程度です。 他の日はメガネを利用しています。 これまで、色々な眼科へ行きました。 眼科医はメガネをかけている人が多いと思っていたのですが、 ふと、なぜ彼らはコンタクトを使わないのか?と疑問に思いました。 ドライアイなどやはりコンタクトは良くないのではないかと考えました。 メガネよりもコンタクトの方が見た目はよいですが、 この矛盾が気になってからは、コンタクト使用の頻度や時間を減らして、 目の健康をより考えるようになりました。

家ではメガネ、外出先ではコンタクトレンズを使用

家ではメガネ、外出先ではコンタクトレンズを使用しているという、わりに多いパターンの視力矯正の仕方をしています。 度がかなり強くなっているので、仕事の際にはコンタクトでないと視力が十分に得られないという理由はあるのですが、やはり外見的なイメージを考えるとコンタクトレンズのほうが良いかなと私的の見た目的には思います。どうしてもメガネだともっさりした印象になってしまうのですね。メガネでも綺麗な人かっこいい人はいますので、これは純粋に顔かたちの系統のせい、なのでしょう。 といいつつもどちらかを選べ、といわれたらメガネを私は選択するでしょう。 なぜかというと、やはりコンタクトレンズはたいへん疲れるものです。長時間使用し続けているとどうしても違和感が生じてきて、目に負担がかかってきているなと思うのです。目のことを考えればやはりメガネがいいのだろうな、と思うのです。そういう意味をこめて、これからの長い間目を使って楽しみたいこともあるので、あえてメガネを選ぶ、とい答えたのです。

コンタクトをつけて行動することがほとんど


(2014年4月 8日 06:35)

自分は非常にアクティブで、旅行やスポーツが大好きです。それでメガネをかけているとなにかと不便なことが多く、コンタクトをつけて行動することがほとんどです。旅行の際にはサングラスをかけることが多いですし、サッカーやバスケットボールなど、激しいスポーツを行うときにメガネをかけることはできません。自分が今使っているコンタクトはソフトレンズで、違和感はそれほどありません。もちろん長時間つけていると目にゴロゴロ感が生じてしまいますが、着用時間を守っていれば問題はありません。恐らく、当分はコンタクト派でいること間違いなしでしょう。もちろんメガネもかけますが、自分がアクティブである限り、コンタクトは欠かせません。

少し前のコンタクトレンズ

私がコンタクトレンズの使用を初めたのは、高校生になった時です。 視力がかなり悪く、眼鏡なしでは一番前でも黒板の文字が見えない状態でした。 高校生といえば思春期真っ只中。やっぱり眼鏡は少し恥ずかしいという思いがありました。 そこで親に相談し、コンタクトレンズを購入しに行きました。 目にレンズを入れるという事で、最初はかなり緊張したのを覚えています。しかし、私の目にはソフトレンズしか合わないと言われたので、少しほっとしました。 何故なら、ハードレンズはかなり痛いと友達から聞いていたからです。 割りと簡単にレンズを入れる事が出来ました。 そして、眼鏡なしでもくっきり見える世界に感動したものです。 当時は使い捨てレンズが割高で、自分で綺麗に消毒して使えなくなるまで使うタイプのものでした。 電源プラグに差し込んで煮沸消毒の要領で消毒していたんです。 今考えると相当な手間ですね。 現在は使い捨てのコンタクトがネット通販で処方箋なしで買える時代です。コンタクトもかなり手軽で便利になりましたよね。
<<前のページへ 56789|10|1112131415 次のページへ>>