コンタクト通販

コンタクトレンズは清潔感が大事


使い捨てのがコンタクトレンズで2週間連続使用できるタイプがあり、それとは別に1日だけ使って使い捨てになるタイプがあります。使用期間と金額を考えてみると、2週間連続使用できるタイプの方が価格的には安くなるのです。 しかし、1日で使い捨てタイプを使ってる人の意見としては、清潔感が大事なのだとか。つまり、1日使用すればそれなりに汚れます。なので、そのコンタクトレンズを捨てて明日はまた新しいコンタクトレンズを装着するという考え方です。 言ってる事は間違っていないように思うのですが、何かエコでないような気がするのは気のせいなのか?私は、洗浄して長期間使えるタイプをこれまで使っているので、どうしても1日使用しただけでゴミとなるタイプはもったいないと感じてしまうのです。

近視用のコンタクトを使いました。

私は近視で、普段は眼鏡ですが、ここぞという時の為にコンタクトレンズを使いました。 初めは比較的丈夫なハードにしました。 矯正はちゃんとできます。ただ、たまに目にゴミとかが入ると、非常に痛いです。 あと、目の後ろ側近くに回ってしまうことがありました。これは、鏡を見ながら目を動かしていけば取れます。 私はハードで痛い時があったのですが、友人はハードで痛みとかはないようなので、個人差があるようです。 次はソフトにしました。これは私の場合非常に違和感が少なかったです。慣れるのが早かったです。 コンタクトは取り扱いに少々手間がかかるので、短期間で取り替えられるタイプはその点では楽かと思います。 普段眼鏡の人が、ヘルメットをする時や剣道の際に、コンタクトをする人を知っています。 そういう時には特にコンタクトの利点が生きるようです

カラコンは怖い!

以前カラーコンタクトを使用していたときの話です。 ライブに行くから、と思い、ブルーの綺麗なカラコンを4000円ほどで購入しました。 それが、あのTwitterや口コミなどで噂になっていた綿棒でこするとプリントが落ちてくる、という商品だったのです。 その当時はそんなことは知らず、平気で6時間程度付けっ放しにしていました。 異常があったのはライブが終わって、帰りの電車に乗っているときでした。 目に微かな痛みを感じ、鏡を見てみたところ、カラコンの青い部分の色が落ち、白目が青くなっていたのです。 怖くなってコンタクトをすぐに外しましたが、痛みは数日続きました。 医者に行って目薬をもらい、大事には至りませんでしたが、今は怖くてもう二度とカラコンはつけられません。