コンタクトしたまま目薬は?

コンタクトレンズを装用している人で、眼科医から処方された目薬をさしている人がありますね。では、市販されている目薬でもいいのではないか、と自己判断して、コンタクトレンズの上から点眼する人もいらっしゃるかと思います。

この場合、目薬に含まれている防腐剤について、しばしば問題になっていることはご存知でしょうか。

防腐剤と一口に言いましても、色々な種類があるのです。目に影響のないものと、悪い影響を与えるものとがありますので、よくわからない方は、必ず、眼科医から処方された目薬を点眼するようにしたいものです。

また、市販されている目薬のなかには、防腐剤のみならず、血管収縮剤が含有されているものもあります。これがコンタクトレンズの装用者にどのような影響を及ぼすのか説明していきましょう。

血管収縮剤というのは、血管を一時的に収縮させて、充血を改善させているかのようにします。けれども、これは充血の根本原因を治療したわけではありません。

そのため、薬効が切れると、以前よりももっと充血した状態を招く一因にもなってしまうわけです。

さて、コンタクトレンズの装用者は、コンタクトレンズを装用していない人に比べて、日常的に目が充血しやすい状態にあります。というのは、コンタクトレンズの装用で酸素がより一層不足しているところへ、黒目(角膜)周辺の血管を収縮させてしまうということは、良くないのです。

コンタクトレンズの基礎知識