レンズケースも大切です

コンタクトレンズを使用するようになると、レンズケースというものが、自然、必要となってきます。コンタクトレンズは、ずっとつけているというわけではなく、外しておくことも当然あるわけですから、小さくて薄いコンタクトレンズをしまっておく「レンズケース」はなくてはならないものです。

コンタクトレンズはとても小さくて薄いものでですから、保管も慎重にしたいものです。

さて、コンタクトレンズは綺麗に洗浄し、消毒も完璧しているのに、もしレンズケースが汚れていたらどうでしょうか。

レンズケースに入れるたびに、雑菌や汚れがついてしまいますね。「コンタクトレンズは毎日きちんとケアしているのに」結膜炎などを発症したりしていては、本末転倒ですね。

レンズケースに万が一、傷がついてしまっている場合、その傷の部分に汚れがたまってしまい、雑菌やカビが繁殖してしまっている場合さえあります。

そんなレンズケースに毎日レンズをしまっているとしたら、好んで目の病気になりたがっているようになってしまいますね。

そうならないよう、レンズケースの交換というものも考えに入れておいたほうがよいでしょう。それも定期的に交換をしていくことが、より安全にコンタクトレンズを使用できるもととなります。

レンズケースの交換の時期は、個人差ももちろんあるのですが、だいたい3ヶ月から半年くらいで交換するのが望ましいといえます。レンズケースの日頃のケアですが、水道水でいいのですすいで、自然乾燥させましょう。もちろん、心配なら消毒薬剤を用いて消毒をしてもよいでしょう。

コンタクトレンズの基礎知識