コンタクトレンズがずれたら?

コンタクトレンズを装用中に、もしもずれてしまったら・・?という不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。大事な目のことですので、何かトラブルがあった場合、心配ですよね。

コンタクトレンズがずれたなと思ったら、まずはじめにどうしたらよいのでしょうか。 その場合には、ずれていった方向と逆の方向を見るようにしましょう。そして、レンズがありそうな箇所を指でそっとさわって、中央の方へと押しやるようにして動かしていってください。

こういった場合、心配になってしまうのは、目の裏側に回り込んで、もう取れないのではないか、ということです。しかしながら、白眼の部分、つまり結膜の部分というのは、目の裏側にまであるわけではありません。

黒目部分の半径ほどの長さだけ、奥に入り込んでますが、その奥は袋状になっており、裏側にまで続いてはいませんのでご安心ください。

目の下の部分は、この袋状のものが浅いので、それほど奥まで入り込みませんが、上のほうとなると、割合深いので、取りにくくなってしまうことも稀にあります。

その場合、それほど焦らなくても、何かすぐに障害が出るということはありません。しかしながら自分で取れなくなってしまった場合には、眼科を受診して、とってもらうようにしてください。

そのまま置いておくと、慣れてしまって異物感さえなくなってしまうこともあります。多忙で眼科に行けず、そのまま自分でも忘れてしまって何年間もコンタクトレンズが奥に入ったまま、という方もいらっしゃったそうです。

コンタクトレンズの周りに肉芽腫が出来てしまっていたということもありますので、取れなくなってしまった場合には、すぐに眼科を受診することが大切です。

コンタクトレンズの基礎知識