メガネとコンタクトレンズの使い分け

コンタクトレンズというのは、眼鏡と違い、目の角膜に直接装用するものです。ですから、どれだけ自分の目に合ったものを選んだとしても、目に負担がかかってしまうのは、避けられません。

特に、負担となる原因として挙げたいのは、次のようなトラブルです。

コンタクトレンズを装用していると、どうしても角膜への酸素供給が充分できなくなります。その酸素不足による、角膜のトラブルがまず、あります。

また、目が乾燥してしまったり、コンタクトレンズを清潔に保っていないことによって起きた障害も問題ですね。 こうならないようにするには、眼鏡との併用も考えに入れてみるといいかもしれません。

たとえば、このような眼鏡との使い分けをしてみられるのはいかがでしょうか。

毎日の生活の上で、どうしてもコンタクトレンズが必要だ、という時があるかと思いますので、その時には、コンタクトレンズを装用しますが、それ以外は眼鏡で過ごすのです。

こう書くと、せっかくコンタクトレンズにして楽になると思ったのに・・という気持ちも出てくるのは無理もないことだと思います。

しかし、だからといって、コンタクトレンズの使用を休まずに、ずっと装用していると、大変な疾患などを引き起こすこともあります。

違和感があるのにずっと装用をし続けると、重い眼障害を引き起こすことあります。このように眼障害を起こしたあとは、すぐに眼鏡をあつらえようとしても、眼障害をおこし視力が低下している時期には眼鏡を正しく合わせる、ということも無理になります。

コンタクトレンズを購入しても、度のあった、自分にあった眼鏡を持つことは重要かつ、必要なことといえるでしょう。

コンタクトレンズの基礎知識