どんなコンタクトレンズがよいのか

様々なコンタクトレンズの中から、良い視力が得られるものを探し出すにはどういう点に気をつければよいのでしょうか。

まずそれには、いくつかの参考にしたい基準というものがあるかと思います。

まず大事なのは、現在の見え方です。目の現状を優先することが先決です。たとえば、検査をして乱視、それも強度であったり、不正乱視であったりした場合です。

こういった場合には、いくらソフトコンタクトレンズが使い捨てでいいからといっても、十分な視力を得られない場合が多いのです。

このような方の場合には、ハードコンタクトレンズ、あるいは乱視矯正用のソフトコンタクトレンズを勧められることもあるでしょう。

一方、アレルギー性結膜炎を発症している方の場合には、逆に使い捨てソフトコンタクトレンズ、あるいは頻回交換型のソフトコンタクトレンズ、でなければハードコンタクトレンズが合っているといえます。

さて、好みのコンタクトレンズを購入して、実際に目に装用してみたとして、コンタクトレンズがフィットしなかった、という場合です。そんなときには、無理して装用を続けないで、別のコンタクトレンズに変えることも大事です。

よくコンタクトレンズに自分の目を合わせようとするかのごとく、コンタクトレンズを選ぶ方も見受けられます。

角膜は伸縮しませんので、まず自分の角膜があって、その状態に合わせたコンタクトレンズを準備する、という順序で考えることも必要です。というのは、不必要な目の疾患やトラブルを防ぐためでもあるのです。

コンタクトレンズの基礎知識