ソフトコンタクトレンズの特徴

ここでは、ソフトコンタクトレンズの特徴、メリット・デメリットをあげていきましょう。

ソフトコンタクトレンズは、なぜ「ソフト」という名前がついているのかというと、柔らかい材質で出来ているからですね。では、なぜ「レンズ」を柔らかくつくることが出来るのでしょうか。

ソフトコンタクトレンズは、水分をふくんでいるコンタクトレンズになります。そのため、柔らかく、装着性もハードより上になります。

さて、ソフトコンタクトレンズは使い捨てという商品がほとんどだと思います。これはなぜなのでしょうか。ソフトコンタクトレンズも、ハードコンタクトレンズのように、何度も使うことは出来ないのでしょうか。

ソフトコンタクトレンズは、酸素透過性のハードコンタクトレンズと比べても、やはり、十分な量の酸素が行き渡りません。

また、それだけでなく、涙のタンパク質などの成分、汚れが付着しやすい上、時として、雑菌、カビが繁殖してしまうこともあります。

そのため、「レンズの洗浄と消毒」を毎日しなければならない・・という面倒さがあります。

しかし、このような面倒な作業を軽減するために、使い捨てソフトコンタクトレンズというものが発売されるようになってきました。これは、一旦目から外したら、装着はもうしない、という性質の商品となります。そのため、洗浄・消毒といった作業はしなくても済みます。

「使い捨てレンズ」にはその装着期間も様々なものが出ています。一日のみのもの、一週間連続が可能なもの、大きく二種類があります。一週間連続で装用できればラクなのですが、これには、やはり重篤な障害を及ぼす可能性もあります。自分の目や生活習慣に合わせてコンタクトレンズを選びたいものですね。

コンタクトレンズの基礎知識